機能紹介

What Ridual Can do

XML/Java ベースのWeb サイトエディタです。 検証・解析のそれぞれのフェーズで、省力化を支援します。デザイナが本来注力すべき分野に専心できるように、間接業務の支援を目的にしたWebサイト開発ツールです。

検証:
サイト内のページ情報やリソース/リンクの関係を表形式でまとめます。納品前の検証や、納品されたもののチェックなどが自動的に行えます。表形式の情報は全てCSV形式で出力可能で他ツールでの編集できます。
解析:
自作サイトの解析ができるだけででなく、既存サイトをダウンロードした上で、それを視覚的情報で示したりすることが可能です。また、アクセスログとPerl等を用いると、アクセス状況などもサイトマップ上に表示することも可能です。

◆ 注意:

  • JavaScriptの解析には対応しておりません
  • Java(J2SE1.4.2)が必要です

解析フロー解説図

Sample

  1. 指定されたURLから、リンクを辿ってファイルをダウンロードします。
  2. 解析すべきファイル一覧を作成したり、リソース一覧を作成します。
  3. リンク構造を解析し自動的にサイトマップを作成できるようにします。
  4. 解析結果をサイトマップ的に視覚化したり、表形式にしたりします。
  5. 雛形となるHTMLや、CSV,SVG形式のファイルを出力します。
  6. 全情報はXMLで管理され、XSLによってブラウザ越しに情報共有できます。

You May Also Like